結婚式に呼ばれたときには

ある一定の年齢層になった時に集中するのが結婚式です。

今では自分の挙式も含めて、20代後半から30代にかけて呼ばれることが多いのでしょう。また親族であったり、仕事上での上司や部下といった関係であれば、いろいろな年齢でも参列することもあります。招待状が来たり、その前に一声かかるなどして、結婚式に出るかどうかを決めていくようになります。

招待状が来たら、なるべく早めに出欠のハガキを出すようにします。これは、書き方に従って記入するのですが、欠席する場合でも一言添えると丁寧です。場合によっては、欠席になることで、お祝いの品などを別便で送ることもあります。

出席の場合では、当日に向けて準備をしていくようになります。例えば、ご祝儀袋を購入して、新札を準備して入れるようになります。袋もさまざまですが、新郎新婦との関係によって変えるようにします。お祝いの額に関しても同様ですが、友人や同僚の場合では、通常3万円程度が相場であり、上司では5万円程度、親族では夫婦で10万円といったように準備しますが、地域やその家族によって異なります。

当日はふくさに包んで受付で出すようにします。そして、結婚式当日の服装は正装にするようにします。男性では黒系のスーツがいいでしょう。白いネクタイが正式な形ですが、最近は若い人の間では水色やピンク、グレーなどの明るい淡い色のネクタイをする人も多いのです。

女性では、ドレスや和服などを着たりするのですが、白い服装は花嫁の色なので選ばないようにします。そして露出のあまりないような服装にして、羽織ものなどがあるといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *