結婚式をするのは2人だけの

結婚式は本来は神前、仏前、人前などにおいて、結婚の誓いをたてる儀式のことになるのですが、今日では一般的に式を終えてからの披露宴までを入れて考えることが多いです。

結婚適齢期と言われる頃に人生の伴侶となる人をお互いに得て、そして二人で長い人生を共に歩んで行くことを神様などに誓い、親族や友人、知人とともに喜びあうのは本当に素晴らしいものです。その日を迎えることができる二人はまさしく幸せものなのです。

出席する人達も、皆が満面の笑顔で二人の門出と両家の繁栄を祈ることになります。そのような結婚式ができる人にとっては、そのことが普通に思って受け取ってしまうかも知れないのですが、多くの中にはスムーズにその結婚式を挙げることが出来なかった人達もいるのです。

いろいろな事情が人生の中にはあります。しかし、時間が経ち、その事情も変化してくるのです。そうした時には是非、結婚式を挙げてほしいのです。二人にとってはもちろんですが、特に親御さんたちにも、心残りがあるはずです。

中には子供さんが大きく育っている人もあると思います、また、再婚だからとなぜか、遠慮をするように結婚式を挙げない人達もいるのですが、二人だけのためではなく、周りには優しく見つめてくれる家族や友人たちがいることを忘れずに、その人達の思いにも報いることができるのです。時間が経ちすぎたとか、なんだか照れくさいなどとは考えずに、堂々と式や気持ちのこもった披露宴はおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *