知っておいた方が良い結婚式のマナー

親族や友人、同僚の結婚式に呼ばれたとき、ついつい盛り上がってしまい、マナーを確認することを忘れてしまいがちです。

仲人さんをたてない式、カジュアルなレストラン婚がふえ、以前よりマナーを重視しなくなっていることも事実です。

しかし、大切な人の大切な時間に華をそえるために、最低限のマナーをおさえることは、お祝いの気持ちを表すことんいもつながります。

もしあなたがマナーをおさえない非常識な恰好や振る舞いをした場合、新郎新婦も非常識という印象を持つ人がいることも事実です。

ここでは女性の服装に注目して解説します。まず結婚式では、白の服を着ないということは多くの人が知っていると思います。

白は主役である花嫁の色だからです。白だけでなく、薄いベージュやピンクは光の反射や写真では、白にみえてしまうため避けるべきでしょう。

また黒も不祝儀を連想させがちです。全身黒はやめたほうが無難でしょう。

またデザインは夜の披露宴を除き、ミニドレスや肩のでたドレスはNGです。

お店によっては店員さんからすすめられることもありますが、幅広い年代が出席する結婚式では避けるべきでしょう。

またバイカラーや切り替え素材デザインの服も「別れる」を連想させるため、縁起のよいものではありません。

羽織物などで、ファーなどを使ったものも、殺生から不祝儀を連想させるため、着ないものとされています。足元も重要です。

オープントゥなどつま先が出ているものも避けましょう。

つま先がでることから、妻が先にでるということで別れを連想させるとして、年配の人はよくないものと認識しています。結婚式ではマナーをおさえ、大切な人を心からお祝いしましょう

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *