結婚式に招待されたなら

結婚式というものは、笑顔に溢れた幸せなものです。

主役である新郎新婦だけでなく、招待されたゲストにも幸せのお裾分けがありそうな、そんな幸せな行事です。

もし招待されたのであれば、しっかりとマナーを守って失礼のないようにしたいものですよね。

基本的なマナーとしては、まず第一に服装が挙げられます。人の目につくものですから、大きくマナー違反をしていると結婚式の雰囲気にもかかわってきますので、しっかりと守るようにしましょう。

男性の服装の基本はスーツです。男性の場合はそれほど難しいマナーはありませんが、女性の場合は気をつけたい部分がいくつかあります。

花嫁の色である白い色の服は避けましょう。かといって、無難な黒を選ぶ方が最近多いようですが、式場に招かれた女性ゲストは、会場を華やかにさせる存在でもあるので、そんなゲスト達が黒ばかりでは華やかさに欠けてしまいますよね。

明るい色のお洋服、特にパステルカラーなどがおすすめです。肌を大きく露出した服装はさけましょう。

また、殺生を連想させる毛皮などの装飾品は避けましょう。足下にも注意が必要です。サンダルやブーツなどは避け、上品なパンプスなどがよいでしょう。

ビジューなどをあしらったゴージャスなものなら、足元にささやかなアクセントを演出してくれます。

このように、結婚式に参列するためにはいくつか気をつけておきたいことがあります。しっかりと守って、恥ずかしくないようにしたいですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *