日本ならではの伝統が感じられる神前式

日本ならではの古き良き伝統が感じられる神前式、教会で挙げる式とは一味違う式が挙げたいというカップルに人気、一生に1度は豪華な花嫁衣装が着てみたいという女性も多いのです。

神道をベースに欧米式の挙式スタイルを取り入れた神前式の起源は、明治33年に日比谷大神宮(東京大神宮)で執り行われた大正天皇のご成婚の儀といわれます。本格的な神前式は神社で挙式し、親族しか列席できないイメージが強いですが、神社の広さによっては、親しい友人も参列することができます。

神前結婚式に対応した式場やホテルでも挙式できるので、式を挙げた後の移動が便利、年配のゲストに配慮することができます。神前式は神殿の前で新郎新婦が、三三九度の盃や神さまに玉串を捧げる玉串奉殿(たまぐしほうでん)など、独特の所作をおこないます。

厳かな空間でおこなう特別な儀式は心に残ると、実際に式を挙げたカップルや参列者からの評価も高いのです。神前式といえば和装、最も格式が高い純白の花嫁の礼装おしとやかな白無垢が人気です。

白無垢はもちろん花嫁が着られる、モダンでお洒落、そして豪華な着物はたくさん。大人っぽい印象の黒引き振り袖、未婚女性だけが着られる振り袖を結婚式で着たいという女性に人気です。華やかさと豪華さで人気なのは色打ち掛け、色や柄のバリエーションが豊富、お色直しにも人気。神社や式場によっては、本格的は十二単も用意されています。

模擬神前結婚式をおこなっている神社があるので、式の雰囲気や儀式の流れを実際に見たいというカップルは、事前に申し込めば、見学することもできるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *