神前式の魅力について

結婚の誓いをして夫婦になる挙式には様々なスタイルがあり、現在の日本では一般的なのが教会式・神前式・人前式の3種類です。

神前式は、日本古来の伝統的な挙式スタイルで、二人の結びつきだけでなく親族同士の結びつきも重視しているのが特徴です。厳粛な雰囲気の中、執り行われる儀式を通して夫婦の絆を実感したい人や、日本の伝統的なスタイルを大切にしている場合に向いています。

白無垢に代表される和装や、花嫁行列に憧れて神前式を選ぶことも多く見られます。神前式は、他の挙式スタイルと比べて、新郎新婦二人で行う儀式が多いのも特徴です。一生の思い出となる儀式を一緒に行うことで、より強い結びつきを実感する新郎新婦もいます。

神前式は神社で行う印象がありますが、ホテルや専門式場に用意された館内神殿、結婚式会場内にある庭園、式が行える公共施設などでも行うことが可能です。神社と比べて館内神殿による式は自由度が高い場合があり、衣装や髪型など自由なコーディネートができる式場もあります。

また、挙式会場選びは参列者の人数などによっても選び方が異なります。参列が親族のみに限られたり、施設によっては収容人数が少ないことがあるので注意しましょう。もちろん、親族・友人のどちらも参列可能な施設もあります。

友人や職場関係の参列が不可能でも、境内から花嫁行列の際に新郎新婦の晴れ姿を見学してもらうことが可能です。儀式の際に参加しなくても、後の披露宴などで感謝の気持ちを伝える機会があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *