神前式の内容と魅力について

現在では数多くの挙式スタイルがありますが、その中の一つであり神社で行う結婚式を一般的に神前式と呼んでいます。

神前式となれば、神社でしか挙げることができないと考えてしまいがちですが、神社以外にも結婚式場やホテルにも神殿が設置されていて、神前式を挙げることができる会場も豊富にあります。

どこで行う場合も神道にのっとって式を進めて行くことになります。聞き慣れない言葉やしきたりも多いことから、難しいスタイルだとイメージして躊躇してしまいがちですが、それぞれの儀式の意味を知り流れを理解しておくと難しいことはありません。決してそんなことはありません。

儀式の数も多いことから、キリスト教の挙式よりも時間もかかるのではないかと思いがちですが、所要時間はおよそ40分程となっており、チャペルでの挙式との時間の違いはそれほどありません。

神社の神殿内は、個人での写真撮影が不可となっている場合が多く、専属のカメラマンに撮影の依頼をすることになります。そのため高額になると考えがちですが、チャペルでの挙式よりも、トータル費用としては安く済ませることができる傾向にあるというのも、大きな特徴ではないでしょうか。

もちろん、神前式でも神社ではなくホテルや結婚式場などを利用すると、イメージしていたよりも高額な会場費が必要になってしまうこともあるので、雰囲気やロケーションだけではなくトータル費用にも注目して会場選びをすることが必須です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *