神前式の由来と魅力について

結婚式の形態は色々ありますが、日本古来の伝統的な形といえば神前式です。

神前式は和装を身に着けた新郎新婦が由緒正しい神社で神様の前で結婚の許しを得、永遠の愛を誓うものです。花嫁は角隠しを被り、真っ白な白無垢を身に着けるといったとても美しいオーラを放つ姿を見かけることもあるものです。日本の伝統的な結婚式である子の神前式は明治時代にに始められました。

その前、江戸時代には結婚の魏氏として新郎新婦がお互いの家族の顔合わせとして床の間でお祝いをすることが主流でしたが、明治時代になると神前でその儀式を行う形に移行しました。

神前式の特徴としては、双方の家族の絆を深めるきっかけとなることです。神様の前で家と家のつながりをその後に渡って見守っていただくというお願いをします。普段見ることのない巫女の舞や雅楽の音色などはとても神聖で心が清らかになるような雰囲気があるのも特徴的です。

そして結婚式自体は厳粛であり神聖で、張り詰めた空気感が心地よい緊張を生み、それが今後の人生においての決心をかたくします。そして双方の家族を大切にするといった絆が生まれ、とても幸福な気持ちになれるのも魅力です。

普段身に着けることがあまりない和装は日本の古き良き歴史や文化を感じさせ、改めて日本の良さを感じることができるのも神前式ならではです。特に年配の親族などはこの形式の結婚式を心から喜ぶ方も多いです。神様を重んじ、日本の文化を引き継ぐこの結婚式はとても感慨深い思い出になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *