結婚式は神前式で行ってみよう

結婚式にも種類があり、どこで行うのかによって着る衣装に違いが生じることがあります。

憧れの花嫁姿と言って思い浮かべるのは真っ白なウェディングドレスという女性も多く、ウェディングドレスを着たいのであればチャペルなどの洋式の結婚式になってきます。

広い会場であることも多いため、親族だけでなく友人やお世話になった人など多くの人を結婚式から呼ぶことができ、新婦が父親と一緒に入場できるという点や退場した後のライスシャワーなど、神前式にはない魅力的な儀式もあります。しかし、白無垢姿で結婚式をしたいという場合には、神前式を選ぶことになります。

神前式は、神社で行う和の結婚式となりますが、冠婚葬祭会館や結婚式専門会場の中には施設内に設備が整っていることがあります。神社で行うとなると、伝統的な場所でできるというメリットもあるのですが、披露宴会場までが遠くて移動に不便をかけさせてしまうこともあります。

しかし、これらの施設であれば建物内で挙式から披露宴まで全て行うことができるため、天候に左右されることもなく高齢者や小さい子供さんを連れたファミリーも苦労させることがないために多くの人に利用されています。

神前式では、洋式の結婚式にはない厳かな雰囲気の中で行われ、主に親族だけが揃って行われることになります。日本人らしさがあり、近しい人たちだけで集まることから家族や親戚との結びつきを感じることができる結婚式ともなってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *