神前式の特徴と衣装について

神前式は日本古来の挙式スタイルで、神社をはじめホテルや結婚式場内に設けられた祭祀施設で行うのが一般的です。

神社や歴史ある建物で行われる場合、厳粛で格式高い雰囲気の中で式が執り行われます。伝統的な挙式スタイルのため、神前式では、結婚する二人のつながりだけでなく、家と家の関係を重視する儀式が盛り込まれています。

新婦の衣装は和装の場合、白無垢と綿帽子の組み合わせが最も格式が高い花嫁衣装です。白無垢には「文金高島田」を合わせるのが一般的で、ヘアスタイルを整えるのではなくかつらを利用するのが通例です。挙式の際には、さらに上から綿帽子を被せ、披露宴を行う時には綿帽子だけ取り外します。

他にも、綿帽子の代わりに角隠しを選んだり、白無垢と同等の格式がある色打ち掛けを選ぶことも可能です。ホテルなどでの神前式は衣装の自由度が高く、新婦の衣装にドレスや平服を選べる会場もあります。神前式は厳かな挙式スタイルですが、会場によって方針や雰囲気は変わります。

肌の露出は控えた方が無難ですが、ヘアスタイルも洋髪や新日本髪にしたり、自由にコーディネートできるのが魅力です。新郎の衣装は基本的には五つ紋付羽織袴となり、羽織袴は黒が基本です。他にも羽織袴はグレーや白を選ぶこともでき、白足袋と白草履で整えれば、正装としてふさわしい和装スタイルになります。

ただし、新婦が和装ではなくドレスなどの洋装を選んだ場合、新郎も揃えてタキシードなどの洋装を選び、スタイルを統一させるのが一般的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *