あこがれの白無垢が着られると人気が高まる神前式

白無垢は最も格が高い花嫁衣装、純白の白無垢姿の花嫁には凜とした気品と高潔な美しさがあります。

一生に1度は着てみたいとあこがれる女性は多く、日本古来のしきたりを取り入れた神前式を選ぶカップルが増えています。現在の神前式は欧米の結婚式に神道をベースに取り入れ、日本風にアレンジされたもの。

明治33年に日比谷大神宮(東京大神宮)で大正天皇が執り行ったご成婚の儀が原型になっているといわれます。それまでは新郎の自宅に親族が集まり、神さまの前で式をあげるのが通例でしたが、第2次大戦の後に神社で挙式するスタイルが民間に広まり一般的なものになったのです。

神前式の参列者は親族や本当に親しい友人のみ、華やかで華美な演出はありませんが、家族や大切な人との繋がりを意識できると実際に式をあげたカップルや、参列者の満足度も高いのです。

日常的に着る機会がほとんどない、豪華な着物が着られるのも神前式の人気の理由の1つ。白無垢はもちろん、白以外の豪華な赤や金を用いた色打ち掛けはゴージャス感が満載、好きな色が選べてバリエーションも豊富です。

未婚女性だけが着ることを許される振り袖を着る最後のチャンスとして、選ぶ女性も多いのです。人気が高まる神前式は独自の神前結婚式のプランを用意する神社も増えており、通常は数万円の費用がかかる雅楽の無料サービスや、平安時代の十二単が着られるなど特別感があるプランも選べます。

お得な着物レンタルがセットになった挙式プランを用意している神社もあるので、予算と希望するオプション、着用する着物のグレードから選ぶことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *