神前式ではどんな装いをすればよいのか

最近では着物の人気もあり、神前式を行う方も増えてきています。

日本昔ながらの厳かな雰囲気は憧れますよね。神前式は神社などで行うこともありますし、今ではホテルの中に神殿が設置されているところもあります。衣装は新婦は白無垢または黒の引き振袖を着ます。

白無垢の場合は小物類もすべて白に統一することがほとんどです。髪型は文金高島田といって未婚の女性の髪型とされる日本髪のかつらをかぶることが正式となっており、そこにべっ甲のかんざしを飾ります。

その上に白無垢の場合は綿帽子もしくは角隠し、黒の引き振袖の場合は角隠しをします。綿帽子は白無垢の時しか着用することが出来ませんので、一生に一回の思い出にはとてもおすすめです。

現在ではかつらに抵抗があるという方は洋装の髪型と同じようなスタイルでされる方もいます。しかしせっかくの神前式なので昔ながらの正式な装いで楽しまれてはいかがでしょうか。男性の場合は黒の5つ紋付が正式です。

女性と違って1種類しかないため迷うこともないでしょう。色は黒の場合が多いですが、白の羽織を羽織られる方もいらっしゃいます。参列者は絶対に着物である必要はありません。迷われる方もいると思いますので、その旨も伝えておくと親切でしょう。

神前式は神殿へ向かう花嫁行列から始まります。観光などで見かけたことのある方もいるのではないでしょうか。趣のある庭園をきれいな装いで歩く姿はまさに一生に一回の結婚式の時にしか出来ない経験です。2人の最高の記念にいかがですか?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *