神前式に招待された場合の服装について

教会ではなく神社で結婚式を挙げることを神前式と言い、近年では格式高い和風の挙式ということで若いカップルや外国人カップルから人気を集めています。

親族だけで執り行うのが基本とされていますが、親しい友人知人の参列も珍しくありません。そこで気になるのが友人として招待された際の服装についてです。神社での挙式とは言っても洋装のドレスやスーツが禁止されているということはなく、服装に困った場合はキリスト教式同様のドレスでも問題ありません。

和装で参列すると華やかで喜ばれますが、特に服装に強制が無いのが一般的なルールとなっています。友人ゲストの服装としては、和装の場合は男性であれば正装または準礼装で、両家の父親よりも控えめにしておくのがいいです。

女性の場合は洋装でもいいのですが、せっかくの機会なので着物を着ることをおすすめします。こういった機械でもないと着物を着ることもありませんし、神前式の雰囲気にマッチした華やかな着物は新郎新婦や親族に喜ばれます。

そのため、無理のない範囲で着物を着ていくのがいいでしょう。また、洋装の場合は男性は正装または準礼装で、両家の父親よりも控えめのものにしておくことが大切です。女性の場合は肌の露出を控えめにすることが重要で、ノースリーブやキャミソールタイプのワンピースであればボレロやストールは必携となります。

神社での挙式は参列者の待合室が座敷であるケースも多いので、正座した際に足の露出が高くなってしまう可能性がある場合は足を覆うストールが必要になるのです。神前式に友人ゲストとして招かれた際にはこのような点に注意し、厳かな式の雰囲気を壊すことのないようにすることが大切であると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *