女性なら1度はあこがれる白無垢が着られる神前式

日本の伝統的なしきたりにならったウェディングスタイル、神前式を希望するカップルが増えています。

なかなか着る機会がない豪華な着物が着てみたいという女性や、日本的なライフスタイルを大切にしたいというカップル人気。参列者は親族と本当に親しい友人のみなので派手なイベントはありませんが、落ち着きがある雰囲気と神前で新郎新婦が執り行う神聖な儀式は一生の思い出になると、実際に式をあげたカップルや参列者の満足度も高いのです。

現在の神道をベースにした神前式の形式は、明治33年に日比谷大神宮(東京大神宮)でおこなわれた大正天皇の結婚式が原型とされ、欧米の結婚式のスタイルに日本の伝統を取り入れてアレンジしたものになっています。

一般的に広く神社での神前式が行われるようになったのは、第2次大戦後になってからです。神前式といえば純白の白無垢に綿帽子の花嫁、白無垢は最も格式の高い女性の正礼装、気品と品格が漂う特別な衣装です。一見純白ですが柄には唐織や錦織、素材にも正絹や交織などランクがあるのです。

赤や金をあしらった色打ち掛けはバリエーションが豊富で豪華、花嫁ならではの引き振り袖は一味違う装いがしたいという女性に人気、大人っぽい雰囲気と洋風の髪に合わせたコーディネートも映えるのです。

神前式は一般的な結婚式よりもリーズナブルとされ、神さまに納める玉串料は5~10万円、荘厳な雰囲気を盛り上げてくれる雅楽の生演奏は3~5万円で、オプションを追加すると挙式費用の総額は20万円程度です。それに衣装代や諸費用が加えられ、最も費用がかかるのは着物のレンタル料金で衣装のランクによってはかなりの高額に。

できるだけ費用を抑えて充実した内容にしたいというカップルには、着物のレンタルと着付けがセットになったお得なパックプランも用意されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *