厳かな空間で白無垢の花嫁に、人気の神前式

日本の伝統的なしきたりを取り入れた神前式、日常的に着る機会がない白無垢や豪華な着物が着られることから、一生の記念に神前式を選ぶカップルが増えています。

参列者は親族と本当に親しい友人のみ、派手なサプライズや過剰な演出はありませんが、温かくシンプルで実際に式をあげたカップルや参列者の満足度も高いのです。神前式の原型は大正33年に、当時は皇太子だった大正天皇が日比谷大神宮(東京大神宮)でおこなったご成婚の儀といわれます。

欧米風の結婚式に神道をベースにした日本の伝統を取り入れた神前結婚式は、第2次大戦後に民間でも一般的に執り行われるようになったのです。神前式が選ばれる理由の1つは費用が比較的リーズナブルなこと、雅楽の生演奏や巫女舞などのオプションなどを含めると金額が異なりますが、玉串料を含む挙式費用は約20万円といわれます。

着物のレンタル料金などの費用が追加されますが洋式と比較すると、費用を抑えることができるのです。豪華な着物のレンタル料金も高額になりますが、予算に合わせて着物のグレードが選べるパックプランが用意されている神社もあります。

神前式といえば白無垢、最も格が高いとされる花嫁衣装で独特の気品が感じられます。金や赤の豪華な色合いの華やかな色打ち掛け、未婚女性だけが着られる振り袖も人気です。

特別な着物を着て背筋を伸ばし、厳かな雰囲気の中で執り行う夫婦の契りを交わす婚姻の儀式はまさに非日常体験、きっと心に残る思い出になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *