日本古来の神社での神前式

結婚式にはいろいろな形態があります。

キリスト教式や人前式などはよくドラマや映画等で目にすることもあると思います。ホテルや結婚式場等々で出来る結婚式も魅力的ですが、最近日本古来の神社で挙式する神社での神前式も注目を浴びています。

神社での神前式とはどういった流れかを説明します。衣裳は昔からの日本の花嫁衣裳である白無垢着て、新郎は紋付を着ます(花嫁は色打掛の場合もあります)。衣裳に着替えると、親族そろって本殿まで歩きます。

これを参進の儀といいます。本殿に入ると神主による祝詞を賜り、お祓いを親族とともにして頂きます。それから三盃の儀という、いわゆる三々九度を行います。次に神前に玉串を拝礼します。この玉串拝礼は新郎新婦の後に新郎父新婦父が行うことが一般的です。

その後新郎新婦が神前に誓詞を捧げます。キリスト教式での誓いの言葉と一緒です。そしてに親族盃の儀という親族の絆を固める儀式を行い神前式は完了します。またこの他の儀式として神社により有無が異なりますが、巫女たちによる神楽があったり、雅楽の演奏があったりする神社もあります。

こういったように神社での神前式にはホテルや結婚式場等で行うキリスト教式や人前式に比べて、さまざまな儀式があります。一つ一つの儀式が洗練されていて、新郎新婦ならびに参列者の方々もピリッとした空気に包まれます。日頃よく参拝する神社でも結婚式になるとまた違った雰囲気も見れて、また一層その神社の素晴らしさに気づくことでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *