神前式の衣装について

神前式は、日本らしい純和風な結婚式を挙げたい人から人気を集めており、利用者数は増えてきています。

そんな神前式には、新郎新婦に適した服装や髪型があります。まず、新婦についてですが衣装は大きく分けて白無垢、色打掛、引き振袖に分けられます。白無垢は神前式の衣装として多くの方に選ばれており、最も格が高い花嫁衣装です。

神聖な色である白で統一されているイメージが強いですが、白以外にも様々なバリエーションがあります。白無垢を着る際の髪型は、日本結にして綿帽子か角隠しを合わせるのが一般的です。

続いて色打掛は赤や金などめでたい色が使われており、色や柄のバリエーションが豊富です。一般的に神前式というと白無垢を着るイメージが強いかと思いますが、実際は色打掛と白無垢は同格の婚礼服とされています。

色や柄が豊富で華やかなので、式に彩りを添えたい方や自分に合ったカラー衣装を着たいという方におすすめです。さらに、裾を引きずる形が特徴的な引き振袖も、黒地のものであれば正式な婚礼衣装となります。

鶴や松竹梅のように縁起の良い柄が多く、モダンな印象になります。この他にもオーガンジー素材の色打掛を着たり髪型を洋髪にしたり、神社によっては洋装が出来るところもあります。何か希望があれば事前に神社に確認しておきましょう。

このように神前式ならではの衣装や髪型があり、他にはないような雰囲気を楽しめることがメリットの一つです。一生に一度のことなので、ぜひこだわって決めることをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *