日本の伝統的な結婚式である神前式

由緒ある神社の神殿で夫婦になることを誓い合う日本の伝統的な挙式の形である神前式は、西洋式の結婚式の次に人気があります。

高度成長期以前までは、日本の結婚式といえば神前式が主流だったため年配者の中には自分たちの結婚式を思い出されて懐かしく感じる方も多いです。そのため、親族中心の挙式を考えているカップルの間では神聖な雰囲気で執り行われる神前式を希望する人も増えています。ホテルや式場でも神前式スタイルでの結婚式が執り行えるように祭祀施設がもうけられているところもあります。

神前式の起源は室町時代まで遡ります。もともとは武家の結婚式の儀式が基本になっています。当時は神社ではなく自宅の床の間で執り行われており、二部構成になっていました。まず「合杯の礼」という儀式を新郎新婦と介添え人などの数名だけで執り行うシンプルな儀式を行います。そして、その数日後に「親族固めの杯」という儀式を行います。前半の儀式では花嫁は今でいう白無垢に近い白地の着物を身に着けて、後半の儀式では色物の華やかな着物を身に纏っていました。

前半の儀式を「陰の式」と呼び、後半の儀式は「陽の式」と呼んでいました。この結婚式の儀式は長い間大名や公家などの上流階級から一般庶民まで幅広く浸透しました。現代のように神社で執り行われるようになったのは、1990年の大正天皇が天照大御神を祀る皇居の賢所にて結婚式を執り行ったことがきっかけで徐々に普及していったといわれています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *