神前式の特徴は費用が変動するかもしれない事

神前式にかかるプランの費用はおおよそ5万円から15万円の差があるほど様々ですが平均相場5万円です。

一般的にリーズナブルだと言われており、主にコストがかかるポイントは7つあります。挙式料と衣装代、ヘアメイクに飲食物、カメラマン代や装花、引出物です。特に挙式代と衣装代、カメラマン代は神前式ならではのコストと言えます。挙式代は神社に支払う代金で別名「玉串料」や「初穂料」です。

基本的には挙式費用として含まれていますが神社によっては別に納めなくてはならないケースがあります。衣装代は白無垢といった和装のレンタルの料金ですが新郎新婦で合わせると約20万円から30万円が相場です。利用するプランによっては着付け代や小物代が衣装代とは別の料金となる場合があるので挙式代と同様に注意しなくてはならないポイントでもあります。

カメラマン代は費用としては大きく変化するポイントです。元々神棚の撮影はタブーとされており、神前式では神棚を撮影してしまう可能性が十分あり得ます。神社によってタブーに触れないように予めルールを設けていたり専属のカメラマンを雇用していたり等様々な工夫をしているところが多いです。

リーズナブルなコストであるものの、場合によっては費用が変動するというポイントが神前式の特徴と言えます。例を挙げるなら「三管演奏」です。「三管演奏」は依頼すれば雅楽の生演奏をしてくれるサービスですが基本費用とは別に3万円から5万円の料金がかかります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *