神前式が盛り上がっている理由

挙式のスタイルというものは時代に沿って移り変わっていくものだと言えます。

日本では戦後、欧米からの文化が普及するにあたって教会式が一般的と言えるまでのものとなりました。また最近では人前式というスタイルもよく見るものとなってきています。しかしそんな中、日本古来の式である神前式が盛り上がりを見せつつあるのです。では、神前式が盛り上がりを見せている理由にはどんなものが挙げられるのでしょうか。

まず神前式の人気となっている理由である最大の魅力は、日本の民族衣装でもある和装をじっくりと味わえるということが挙げられます。花嫁となる方の白無垢や打掛ももちろん素晴らしいですし、教会式と違って男性側も滅多に見られない袴姿となって花嫁の前に現れるのです。この凛々しい花婿の姿に惚れ直したという女性も多いという話はよく聞きます。また神前式では服装だけでなく式の内容としても男性側の出番が多くあります。

特に新郎が神様の前に出て結婚の誓いを述べる儀式では、男性側の立派な姿を新婦や参列者の皆様に見せることができるでしょう。その他それ以外にも教会式とは違った雰囲気で進められる数々の儀式は、参列者の方にとっても結婚する本人たちにとっても非常に印象深い式となることは間違いありません。

他には例えば後に子供が生まれてお宮参りや七五三をする際にも式を行った神社に参拝すれば、そのたびに式の思い出がよみがえるといったメリットもあります。子供の前でここで結婚式を行なったんだと言えば、それだけで節々の儀式がより楽しい思い出になると言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *