神前式は厳かな雰囲気の挙式スタイル

神前式は、神道がベースの大正天皇の結婚式が起源となり、第二次世界大戦後に一般にも広まった挙式スタイルです。

由緒ある神社で行われることが多い神前式ですが、現在では神殿が設けられた結婚式場やホテルなどでも行われています。新郎新婦はもとより家と家との結びつきを重んじる神前式は、親族だけが参列するのが習わしでしたが、今では会場のスペースによって、親族だけでなく友人や知人も参列が可能な会場も増えてきています。

厳粛な雰囲気の中で執り行われ、中には巫女の舞や雅楽の生演奏を施す会場もあり、古式ゆかしい挙式スタイルといえます。神前式による挙式では「三々九度の盃」や「玉串拝礼」などの儀式や所作があります。式次第は会場によって異なることも多く、事前に確認しておきましょう。

挙式の際には前もって神職や巫女から説明があるほか、挙式の最中でも式次第に則って指示してくれるので、安心して挙式に臨むことができます。神前式での挙式は、日本の伝統的な和装で執り行われることが一般的です。新郎は正装である「五つ紋付羽織袴」、白足袋に白草履を着用します。新婦は格式の高い花嫁衣裳の白無垢に綿帽子、または角隠しを合わせ、打掛や小物類も白で統一しています。

婚礼の際の「文金高島田」は、縁起が良いといわれ明治時代から続く花嫁の髪型です。挙式の際は白無垢、披露宴で色打掛や黒引き振袖を着用することが多いですが、色打掛や黒引き振袖も白無垢と同じく格式の高い花嫁衣裳であり挙式に着ることも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *