親族だけで結婚式をするなら神前式がおすすめ

友人や上司や同僚を呼ばずに親族のみの少人数で結婚式を行うスタイルも最近は増えてきています。

ブライダル業界でも少人数の結婚式に対応したプランが用意されており、挙式だけを行って、披露宴の代わりに両家の食事会を行うなどのサービスがあります。少人数で結婚式を行う方の中には、新婚旅行も兼ねて海外挙式を選ばれる方も少なくないです。

結婚式では新郎新婦のゲストの割合のバランスもあるため、大勢招待したいと考えていても人数を抑えないといけないケースもあります。

少人数の結婚式を行うにあたっての不安としては、招待客が少ないと挙式や披露宴の雰囲気が寂しいものになるのではないかと思い、ためらわれる方もいらっしゃいます。その場合におすすめなのが、挙式をホテルや式場ではなく神社で執り行う方法です。

神社で執り行う結婚式は、「神前式」と呼ばれています。戦前までは神前式が日本の挙式スタイルの主流だったため、年配者の方にはなじみが深い結婚式です。神社以外にお寺で執り行う仏前式もあります。

神社の規模によって異なりますが、収納スペースがホテルや専門式場に比べると狭い傾向があります。そのため、参列者が少人数でも寂しい印象にはなりにくいです。

もともと神前式は、厳かで静かな雰囲気で行うため、教会式のようなにぎやかな雰囲気を演出する必要がありません。

神前式の利点としては、教会式よりも費用が全体的に安く抑えられる傾向があります。参列者も親族だけではなく友人も参列することが可能です。神前式では、白無垢や羽織袴などの日本の伝統的な衣装を身に着けることができる点も魅力です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *