最近になって注目され始めている神前式

神社で挙げられる結婚式のことを神前式といいますが、その経歴は決して長いものではないのです。

ある説によると、およそ100年ぐらい前から定着していったとされています。その当時まだ皇太子という立場であった大正天皇が挙げた結婚式がモデルとなったと考えられているのです。

戦後を迎えるとキリスト教の風習に則った結婚式を挙げる新郎新婦が増えていき、牧師さんや神父さんを招いて結婚式を行う新郎新婦が非常に多い状況でした。しかし最近になり神社で挙げられる結婚式も少しずつ注目される様になってきているのです。

日本全国各地の神社で神前式は挙げられています。世界遺産として有名な観光名所になっている様な神社でも結婚式を挙げることが可能です。

ただし結婚式を神社で挙げるとなるとホテルで結婚式を挙げるときの様に着替えるための控え室などといった設備が整っている訳ではありません。そして民間の会社が運営している結婚式場とは異なり神社にブライダル会社が普段から出入りしている場合も少ないです。

結婚式場やホテルならブライダル会社との話し合いもスムーズに進められますが神社で結婚式を行うときにはブライダル会社に綿密に打ち合わせをする必要があります。

神前式には色々な決まりがあるというのがキリスト教の結婚式と異なるポイントの1つです。そして結婚式場やホテルと異なり神社に対して謝礼を渡すのが一般的になります。

神前式を行うときには、そういった謝礼や決まりの確認しておくことも必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *