色々なしきたりがあり厳かな神前式

日本で挙げられる結婚式のスタイルは戦後を迎えてから多様化してきています。

ホテルや民間の会社の結婚式場で行う教会式だけではなく、神社で行う神前式や愛を参列する人たちの前で誓うという人前式なども多くなってきているのです。そして式は行わずに写真を撮影するだけのフォトウェディングも近頃は人気が高まっています。

このように結婚式には多種多様な形式があるので新郎新婦や両親の考え方や予算によって何が選ばれるのかが違ってくるのです。教会式と神前式では結婚式のしきたりや形式や違ってきます。

神社で結婚式を行う場合は神主さんが行う御祓いを新郎新婦と親類縁者が受ける必要があったり、祝詞を奏上したり、お神酒を三三九度の盃で酌み交わしたりなどといったしきたりが存在していますが、その分厳かです。

しかし民間の会社の結婚式場やホテルで行う結婚式の場合はこういったしきたりは、ほとんど存在しません。

そして神社で結婚式を挙げる場合は参列する人が親類縁者など少ない人数で挙げるのが一般的であるのに対し民間の会社の結婚式場やホテルで挙げる結婚式は参列する人数が限定されることもほとんどないです。

ですので神前式を行うときには披露宴は会場を移動して行い、友人や職場関係の人たちに結婚式を挙げたことを報告するというのが一般的になります。

また神社には参拝する人や観光する人も訪れるので神前式を挙げる時間が限定されていることも要注意です。そのため着替えなどに、あまり時間をかけないようにすることが必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *