ホテルでも行うことができる神前式

古来から日本で挙げられていた神前式は名前が示しているとおり神社で行う結婚式のことを指しています。

神社で結婚式を挙げる場合は新婦が白無垢を着て、新郎が紋付袴を着て行うのが一般的です。そして神様に対して新郎新婦は結婚をすることを誓うことになります。神社で結婚式を挙げるという新郎新婦は東京都でも少しずつ多くなってきているのです。

東京都を代表するような有名な神社でも結婚式が挙げられています。そして神前式による結婚式は決して神社だけでしか挙げられないという訳ではないのです。東京都にあるホテルでは神前式が行うことができるように神殿を設けている場合も少なくありません。

神前式をホテルで行うときには神主さんをホテルに招いて結婚式を行うことになります。但し、たくさんのしきたりが神前式には存在しているので要注意です。

例を挙げると、お祓いの儀式を行うことや、祝詞を奏上すること、三三九度でお酒を酌み交わすことなどがしきたりとして決まっています。この他にも前もって席次が決められているなどといったしきたりがあるのです。

こういったしきたりは難しそうに感じてしまいますが神主さんなどが丁寧に教えてくれるため心配はほとんどありません。

神社で行う結婚式で着用するために一般的には白無垢や紋付袴を用意する必要がありますが新郎新婦がこのような和装を準備できない場合でも近頃はレンタルサービスを提供している会社も多くなってきています。

参列する方は必ずしも和装でなくても問題ありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *