神前式での和装の魅力

結婚式のスタイルには主に、教会式、人前式そして神前式に分かれます。

それぞれに素敵な魅力があるので迷う人も多いのではないでしょうか。そのなかでも、最近人気が急上昇しているのが神前式です。神前式は日本古来の伝統美が魅力のスタイルですが、伝統のなかにも現代風にアレンジしてあったりと、実は新しい魅力で溢れています。

神前式の楽しみのひとつと言えば、華やかな和装ではないでしょうか。和装には様々なデザインや色があり、花嫁さんの個性を充分に反映させることができます。和装に合わせて揃えるアクセサリー類を選ぶのも楽しいですね。

ここでは和装の魅力に迫ってみたいと思います。一般的に挙式で白無垢を着て、披露宴で色内掛を着る人が多いですが、色打掛も白無垢と同格の婚礼式服であるため、神前式にももちろん着用できます。

白無垢は昔から結婚式だけに許される、特別な衣装として邪気をはらうなどの意味も込められています。色打掛は室町時代以降の武家女性の礼装とされてきました。

色打掛には華やかな柄や色の刺繍がふんだんに施されており、遠目に見ても近くから見てもとても豪華です。キーポイントになる色を決めて、帯などの小物とトータルでコーディネートすれば、あなただけのオリジナル色打掛を楽しむことができます。

また、髪型は日本伝統のまげのかつらも人気がありますし、あえて洋髪にして現代風にするスタイルも捨てがたいです。不思議と洋髪と和装がしっくりきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *