新郎新婦の2人が協力し合える神前式

東京都には多くの人たちが集って、色々な人たちが暮らしています。

東京都に暮らしている方たちの中には結婚式をこれから挙げることを検討している婚約カップルも存在しているのです。

カップルの2人の確かな絆を確認できる女性の憧れの結婚式は今後長い夫婦生活を送ることになる2人が作り上げることができる大きな思い出の1つになります。

思い出深い結婚式にしたいが、どんな方式の結婚式を選べば良いのかが分からないといったときには伝統的な日本の結婚式の神前式を選ぶのも良い方法です。

神前式は神様の前で結婚することを誓う信者で行われる結婚式で室町時代頃から挙げられていました。現在のような流れと雰囲気が出来上がったのは大正天皇が明治33年に神社で行った結婚式であるとされています。

結婚式というと教会で行われる結婚式を思い浮かべる方が少なくありませんが神社で行われる結婚式は教会で挙げる結婚式とは異なる神聖な空気で満ち溢れていて、そのことが思い出となって心に深く刻み込まれるのです。

そして新郎新婦の2人で行われる儀式がたくさんあるというのも特徴となっていて、新郎新婦が協力して行われる儀式がたくさんあるからこそ思い出として残りやすく新郎新婦の絆を確かなものにします。

華やかな演出やウエディングドレスで挙げる結婚式も良いですが伝統的な日本の神前式はこれから新婚生活を送ることになる2人の愛し合う気持ちをより一層確かめ合うことができるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *